マーケティング戦略

初期の経費を抑えて個人事業を展開する戦略

SEO

商品開発やサービス提供を行うことによる個人事業を展開する際にはその窓口となる場所を作らなければなりません。典型的には店舗を借りて店を構えて商品やサービスを提供することになります。しかし、店舗物件を借りる費用に加えて、陳列棚等を取り揃える費用はかなり高額になり、それを取り返せるような実績があげられるかということが心配になるかもしれません。 そういった際には実店舗を持たずにホームページやecサイトを制作してWeb上で提供を行うという方法があります。Webに関する知識があまりなくともホームページやecサイトの制作を依頼することが可能であり、その維持管理も依頼してしまうことが可能です。インターネットが普及した今日だからこそこういった戦略を立てることもできるのです。

個人事業向けのecサイト利用の相場

商品販売等を行うためのホームページやecサイトの制作にかかる費用は、個人事業のレベルであれば100万円に届くことは稀であり、50万円程度というのが平均的な費用になります。これに加えてサーバーのレンタル料やセキュリティー対策等が毎月数千円かかります。しかし、実店舗を借りて販売を行うのに比べたら極めて少額で事業を行っていくことが可能になります。 一方、ecサイトの制作だけでなく、維持も自分で行わない場合には依頼してしまうことが可能です。やはり月あたりで数千円の費用で済むのでこれもそれほど大きな金銭的負担とはならないでしょう。 個人事業で商品の販売やサービスの提供を行っていくためにはecサイトの活用が費用的にメリットが大きいのです。ホームページ制作やネットショップ、動画制作などを行なってくれる専門業者は数多く存在するので目的に合わせて業者を比較し、適した場所に依頼をすると良いでしょう。また、誹謗中傷などがあった際は商品の評価を守るために逆SEOを行なってもらうなどの取り組みもあるのでプロに任せると良いです。

サイト作り

システム

ホームページ制作をする際には専門企業に依頼するのが一番いいでしょう。なぜなら、自分でホームページを制作しようとすると難しい作業が続くので制作できない場合もあるのです。

詳細を確認する...

動画制作する

システム

特別な技術が必要なお仕事は山ほどあります。なかでも人気なのが映像制作です。映像をスマートフォンのカメラなどで撮影し編集すれば簡単に動画制作が出来るようになっているのです。

詳細を確認する...

企業の宣伝

システム

近年では様々な企業のアピール方法があります。そのなかでもよく利用されるのがホームページ制作などです。ホームページは多くの方が自由に観覧することが出来るようになっているので企業の宣伝には持って来いです。

詳細を確認する...